春の花粉症

花粉症といえば「春」。中でも「スギ花粉」がよく知られています。
しかし、スギ花粉以外にも症状発現の原因となる
アレルゲンとなる花粉が多くあることをご存じですか?
*アレルゲンとはアレルギー症状の原因となる物質になります。

 

 

ここ最近ではPM2.5と結合する事による症状の悪化や、黄砂との結合による悪化なども話題になっており、毎年毎年患者数が増加しているような気がします。

 

アレグラFXやアレジオンなどのスイッチOTC薬が発売され、テレビCMがバンバン流れているのを目にします。これらの薬はスギ花粉だけでなく、アレルギー性鼻炎の原因となるヒノキなどに対して効果があります。


 

スポンサードリンク

 

 

春の花粉症の原因となるアレルゲン

 

スギ花粉(樹木)
花粉飛散のピーク

九州地方では3月上旬頃、四国、中国、近畿、東海、甲信、関東地方では3月中旬から下旬頃、北陸地方から東北地方南部では3月下旬から4月上旬頃。
また、東北地方北部では4月上旬から中旬頃。

飛散地域 北海道・沖縄、その他離島地域を除く日本各地。
特徴

花粉症の代名詞とも言える「スギ花粉」。
花粉症の中でも最も患者さんが多いのが、このスギ花粉症です。
風に乗って遠くまで飛散し、時には数〜数百qも離れた地域から飛んでくることもあります。

アレルギー症状 くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみ。重症化すると、咳や頭痛などを伴うこともある。

 

ヒノキ花粉(樹木)
花粉飛散のピーク 九州から四国、中国地方にかけては4月上旬、近畿、東海、甲信及び関東地方では4月中旬。
飛散地域 九州から東北まで広く飛散する。
特徴

スギのアレルゲンはヒノキと共通した部分があるため、スギ花粉症の患者さんはヒノキ花粉でも症状が出る人もいます。

 

ヒノキ花粉の飛散量は、スギ花粉に比べれば非常に少ないのですが、この20年ほどの間にヒノキの植生数が増えており、今後はヒノキ花粉症が増加すると予想されています。

アレルギー症状 くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみ。重症化すると、咳や頭痛などを伴うこともある。

 

ハンノキ花粉(樹木)
花粉飛散のピーク 1月〜4月。
飛散地域 主に北海道や北陸。
特徴

ハンノキは、北海道や北陸の湿地、湿原や池沼のまわりに自生しており、公園などにも植えられている。
シラカンバ(シラカバ)と共通抗原性があるので、両者を合併している場合がある。

アレルギー症状 鼻水、くしゃみ、目や皮膚のかゆみなどが一般的ですが、シラカバやハンノキ、イネ科の花粉症がある人がある果物や野菜を食べると、口腔アレルギー症候群という症状が出ることがあります。

 

シラカンバ花粉(樹木)
花粉飛散のピーク 4月〜6月。
飛散地域 主に北海道。本州の中部以北。
特徴

シラカバの花粉を吸い続けると、これまでシラカバ花粉症の症状を示さなかった人でもある年から突然発症する恐れがあります。
世界的に見ると、シラカバ花粉症はヨーロッパ北部やアメリカ北部などでも、以前からあるものです。

アレルギー症状 鼻水、くしゃみ、目や皮膚のかゆみなどが一般的ですが、シラカバ花粉症患者の何割かは果物過敏症を併発し、リンゴ、サクランボ、キウイ、梨、桃、イチゴ、メロン、プラム、柿などを食べると口の中が痒くなったり、重症になると吐いたりすることがあるといわれています。

 

コナラ花粉・クヌギ花粉・ブナ花粉(樹木)
花粉飛散のピーク 4月〜6月。
飛散地域 北海道から九州にかけて。
特徴

ブナ、コナラ、クヌギなど、秋にドングリの実をつける樹木の花粉もアレルギー症状を 引き起こすことが知られています。
花粉症の主な原因となってくるのは、コナラという風媒花の一種である樹木の花粉になります。
コナラの花粉の飛散が収まると、次は虫媒花であるクリの花粉が原因であるクリ花粉症が起こります。
そのため、クリ栽培地近隣では注意を要します。

アレルギー症状 くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみ。重症化すると、咳や頭痛などを伴うこともある。

 

春の花粉症対策

 

3位

病院やクリニックの内科・耳鼻咽喉科で、どの花粉に対してアレルギー反応があるかを調べておくことが血液検査で可能です。

 

血液検査にかかる費用はどのくらいの種類を調べるかで価格は異なるかと思いますが、そのあたりはDrが判断するでしょうから、まずは血液検査を行ってみる事をおすすめします。

 

自分の体質を知ることで、原因となっている花粉の飛散量について注意することが可能となりますし、テレビ、新聞、インタ−ネットで花粉の飛散開始日、飛散予測について情報を得ることで、花粉から身を守ることができます。 

 

花粉症の症状を抑えるには、アレルゲン(抗原)を避ける事がなによりも大切です。

 

春先は、朝夕はまだ涼しく、午後に気温が上がる傾向がありますが、花粉は気温の高くなる午後に多く飛散します。花粉の飛散量が多い午後は外出を控える、お布団は午前中に干すなどの工夫をすると良いですね。

 

また外出時はマスクを必ずする
帰宅時はコートなどを寒いとは思いますが脱いで軽くはらってから入る
などの行動は症状を軽くするのにかなり効果がありますのでぜひ実行してみて下さい。

 

また、アレルギー症状が悪化する要因として「ストレス」があります。
春は、転勤や入学・進学などで生活環境が変わる時期でもありますから、
なかなか難しいかと思いますがうまくストレス発散をして、ため込まないようにしましょう。

スポンサードリンク