アレジオン20の詳細

特徴

アレジオン20は2015年12月1日にエスエス製薬から発売が開始されたアレルギー専用鼻炎薬となります。それまではアレジオン10という有効成分であるエピナスチンが10mg含有している医薬品のみの販売でした。

スポンサードリンク

 

 

医療用のアレジオンでは成人は通常1日1回20m服用でしたので、医療用と同量となった事でより効果が実感できるようになったかと思われます。

 

 

 

アレジオン12は市販薬の中では眠気が出にくく、効果も期待できる抗アレルギー薬になるかと思います。

 

ただし乗り物の運転、危険作業を行う方は眠気が出る可能性がある為服用出来ません。なお眠気が出ない場合でも集中力が落ちる可能性があります。アレグラFXでは乗り物の運転等は可能ですので乗り物の運転等をされる場合はアレグラFXを服用しましょう。

 

アレグラFXで効かないという方でもアレジオンなら効果があったという方も複数いらっしゃいます。また逆でアレジオンが効かないけどアレグラFXなら効いたという方も複数いらっしゃいました。


 

 

ちなみにアレジオン10は2011年発売で2015年より第1類医薬品から第2類医薬品に移行されました。なおアレジオン20についても第2類医薬品となりますので薬剤師が不在のドラッグストアなどでも購入する事が可能となっています。

 

市販の花粉症の薬と言えばジャニーズの大野智さんがCMに出演しているアレグラFXが断トツの知名度を誇っていますが(アレ〜グラのCMです)、2014年からアレジオンのAVMには武井咲さんが出演しており知名度ではアレグラFXと同じぐらいになっている感じがあります。

 

アレジオン20の価格

アレジオン20は1日1回 1回1錠 15歳以上10mg服用が基本であるので、12錠入りを購入した場合1日当たりで税抜で約157円となります。

 

医薬品名(用量 日数) 希望小売価格(税抜)
アレジオン20(6錠 6日分) 1380
アレジオン20(12錠 12日分) 1980

 

6錠入りだと1日あたり230、12錠入りだと1日あたり165となっています。

 

 

なおアレジオン10の服用方法も同様で1日1回 1回1錠15歳以上10mg服用が基本となります。効果としては20mgの方が倍量となり、価格もほとんど違いがないので、12錠入りを購入した場合1日当たりの値段で税抜で約157円となります。

 

医薬品名(用量 日数) 希望小売価格(税抜)
アレジオン10(6錠 6日分) 1219
アレジオン10(12錠 12日分) 1886

 

 

アレジオン10、20がアマゾンで激安購入可能に

通常ドラッグストア等では定価での販売となっています。しかしながらアマゾンでは35%引き程度の割引はよく見られます。タイミングによっては半額以上になる場合もあります。

 

必ずアマゾンでの価格をチェックしてください!!!

 

 

 

またアレグラFXでも同様に非常にお得に購入する事が出来るので必ずチェックして見て下さい。特に複数購入でより一層お得なケースがあります。

 

 

アレジオン20が購入出来る場所

 

アレジオン20はアレジオン10と同様に第2類医薬品となり薬剤師がいないドラッグストア等でも購入が可能となっています。

 

2015年10月25日より第2類医薬品に移行となり、薬剤師が不在でも購入可能となりました。


 

 

規格・剤形

10mg/20mg

 

医療用のアレジオン錠では、錠剤が10mg/20mgの2規格となります。
医療用として他にはドライシロップ製剤も発売されており、アレジオンドライシロップ1%となっています。また医療用外用ではアレジオン点眼液0.05%も発売されており花粉症時の目の掻痒に対しても処方されています・

 

効果効能

鼻みず、鼻づまり、くしゃみ

 

*花粉、ハウスダスト(室内塵)などによる鼻のアレルギー症状の緩和

 

医療用のアレジオン錠では、花粉症などのアレルギー性鼻炎以外にも蕁麻疹、湿疹、皮膚炎などに対しても効果効能が認められています。

 

成分名

エピナスチン塩酸塩

 

*第二世代抗ヒスタミン成分に分類されます。

 

用法用量

成人
1日1回 1回1錠 就寝前 (水またはぬるま湯で服用)

 

小児
15歳未満の小児は服用出来ません

 

なお医療用のアレジオン錠では医師の指示の元、15歳未満の小児が服用する事もあります。

 

 

症状を抑えるだけでなく予防効果も合わせてもつ為、花粉飛散予測日、もしくは花粉症の症状の軽い出始めの次期から早めに服用を始め、また継続する事がより効果的になります。


 

 

作用機序

医療用のアレグラ錠と同様に下記の作用機序を持っています。

 

・選択的ヒスタミンH1受容体拮抗作用
・ケミカルメディエーター遊離抑制作用

 

 

簡単に上記の作用の仕方について説明すると

 

選択的ヒスタミンH1受容体拮抗作用というのが、すぐに症状を改善してくれる作用の仕方であり

 

ケミカルメディエーター遊離抑制作用というのが予防作用とみてもらえればと思います。


 

 

半減期

医療用のアレジオン錠10mgで9時間前後となっていますが、個人差がかなり有ります。

 

効果は約24時間持続するので1日1回就寝前の服用で効果が持続します。

 

 

併用、飲み合わせ注意

抗ヒスタミン薬を含む内服薬(風邪薬、皮膚疾患用薬、乗り物酔い薬、催眠鎮静薬)を服用中の場合は、アレジオン10の服用は出来ません。

 

食事等で気を付ける必要は特にありませんが、飲酒は不可となっています。

 

 

副作用

副作用の中で、一番起こりやすいものは眠気であり、医療用医薬品であるアレジオンで1.21%での頻度となっています。頻度としてはさらに少なくごくまれにではありますが吐気、動悸、排尿困難が起こる場合もあります。万が一、そのような症状が現れるようであれば、直ぐに服用を中止し薬剤師もしくは医師に相談する必要があります。

 

 

眠気の副作用について

 

市販薬の中ではアレグラFXに次いで眠気は起こりにくいと言われていますが、添付文書上では乗り物などの運転等をする場合は服用出来ない事になっています。

 

文面的には、服用後、乗り物又は機械類の操作をしないでくださいとなっています。


抗ヒスタミン薬での眠気の出やすさ比較(医療用)

 

 

注意点

・服用前後の飲酒は出来ません。
・授乳中の方のアレジオン20の服用は禁止、服用する場合は授乳を避ける事になっています。
 *医療用アレジオンではラットでの母乳中への移行が報告されています。

 

 

妊婦・授乳婦

妊婦には安全性が確立していない為、治療の有益性が危険性を上回る場合のみの服用となります。基本的に個人判断での服用はせず、医師、薬剤師にまずは相談してください。

 

また授乳中は服用する事は出来なく、やむを得ず服用する場合は、授乳を避ける必要があります。

 

医師によっては、妊娠中の服用も問題ないとする医師も多くいます。服用する場合は、産婦人科医師に相談する事をお勧めします。

 

 

医療用医薬品

市販のアレジオン20は元々医療用のアレジオン錠がスイッチOTC化された、鼻みず、鼻づまり、くしゃみ花粉症の症状を緩和してくれる医薬品となっています。

 

同じ成分であるアレジオン錠10mg、アレジオン錠20mgが発売されています。

スポンサードリンク

アレジオン20のすべて関連ページ

アネトンアルメディ鼻炎錠
花粉症の市販内服薬アネトンアルメディ鼻炎錠についての現役薬剤師が詳細にわかりやすく解説しています。花粉症の薬の事なら一番!
ストナリニS(佐藤製薬)
花粉症の市販内服薬ストナリニS(佐藤製薬)について薬剤師が詳細に説明しています。
ホノビエン錠
ホノビエン錠について現役薬剤師がわかりやすく詳細に解説しています。花粉症に悩んでいた過去があるからこそ患者様に立場になる事も出来ます。
アレグラFXのすべて
アレグラFXは医療用のアレグラ錠の市販さたスイッチOTCと言われる抗ヒスタミン薬となります。そのアレグラFXの効果、副作用、医療用アレグラ錠との違いなどについて現役薬剤師がわかりやすく解説しています。
アレジオン10のすべて
アレジオン10は花粉症に効果のある市販薬として購入可能な花粉症やアレルギーに対して効果の薬となります。そのアレジオン10について現役の薬剤師がわかりやすく解説しています。
クラリチンEXのすべて
クラリチンEXは大正製薬から発売された花粉症などのアレルギー専用鼻炎薬となります。眠気が出にくく効果が高いのが特徴となる要指導医薬品に分類されるスイッチOTC薬となります。
クラリチンEXクイック錠のすべて
クラリチンEX,クイック錠のすべて