オノンカプセル(112.5mg)

特徴

オノンカプセルはロイコトリエン拮抗薬に分類される花粉症と喘息に対して効果がある薬となります。オノンカプセル単体で花粉症に対して処方される事はあまり見かける事はなく、通常は抗ヒスタミン薬(タリオンなど)などと併用する事がほとんどとなります。

 

また効果が出てくるまでに数週間かかる為、今出ている症状をすぐに改善するというよりは、症状が出てくる前から服用を開始して予防としておく飲み方をする治療薬となります。

 

 

鼻水鼻づまりの症状は、トロンボキサンA2という物質がトロンボキサンA受容体に結合する事で現れます。バイナス錠は、この結合を防ぐ事で鼻水、鼻づまりの症状を防ぎます。

 

 

 

スポンサードリンク

 

規格・剤形

カプセル112.5mg *ドライシロップ10%もあります

 

 

効果効能(適応病名)

気管支喘息
アレルギー性鼻炎

 

*オノンカプセルは鼻閉症状に対してより効果的となります。

 

ロイコトリエンはアレルギー症状(鼻づまり)を引き起こす原因物質となります。このロイコトリエンがロイコトリエン受容体に結合する事で鼻閉症状を発現します。

 

オノンカプセルはロイコトリエン受容体に結合する事により、ロイコトリエンがロイコトリエン受容体に結合する事を防ぐ事で効果を発現するのです。

 

 

成分名・一般名

プランルカスト水和物カプセル

 

 

用法用量

成人(年齢により適宜増減)
1日量450mg(オノン4カプセル分)を1日2回朝、夕食後に服用

 

 

1日2回の服用が必要で、さらに1回2カプセル(成人の場合)が通常量となり服用する事が少し大変という事もあり個人的にはあまり好きではない薬剤となります。

 

しかしながら耳鼻科から花粉症治療薬としてよく処方されているのを見かける薬剤となります。


 

 

作用機序

ロイコトリエンの受容体に選択的に結合してその作用に拮抗し、鼻腔通気抵抗上昇、好酸球浸潤を伴う鼻粘膜浮腫、鼻粘膜過敏性を抑制し、さらに鼻粘膜過敏性抑制作用を介して間接的に、ヒスタミン、アセチルコリン及びその他の非特異的な刺激によるくしゃみや鼻汁等の臨床症状を改善する。

 

ロイコトリエン受容体に結合する事で、鼻水・鼻づまり症状を改善します。

 

・鼻腔通気抵抗上昇抑制作用
・好酸球浸潤を伴う鼻粘膜浮腫の抑制作用
・鼻粘膜過敏性抑制作用

 

 

半減期

約1時間となっています。

 

 

警告

特になし

 

 

禁忌

過敏症既往歴患者

 

 

併用注意

主にCYP3A4によって代謝される薬剤

 

*クラリス錠等のCYP3A4で代謝される薬剤との併用で薬剤血中濃度が上昇する可能性があります。

 

 

副作用

4.7%の方に副作用が発現しており、痢42例(1.0%)、腹痛・胃部不快感35例(0.8%)、発疹・そう痒等24例(0.6%)、眠気17例(0.4%)となっています。

 

抗ヒスタミン薬での眠気の出やすさ比較

 

抗ヒスタミン剤で体重増加、太る副作用!?

 

 

抗ヒスタミン剤で太ってしまう副作用がある?

 

オノンカプセルでは体重増加の副作用の報告はあがっていなく特に体重増加、食欲亢進などの副作用について心配しなくていいかと思われます。

 

詳細についてはこちらから。


 

 

排泄経路・性状・代謝酵素

オノンカプセルは、胆汁を介した糞中排泄が主となります。

 

 

注意点

効果発現まで時間がかかるので花粉が飛散し症状が出る約1か月〜2週間前程度には服用を開始する必要があります。

 

基本的には、花粉が飛散し鼻水、鼻づまり症状が出てしまている場合、オノンのみですぐに効き目を期待する事は難しいと考えています。

 

 

妊婦・授乳婦

妊婦、授乳婦には安全性が確立していない為、治療の有益性が危険性を上回る場合のみの服用となります。

 

 

薬価

オノンカプセル、オノンドライシロップの薬価は1日当たり235.2円となります。

 

 

医薬品名(メーカー) 薬価
オノンカプセル112.5mg 58.8
オノンドライシロップ10% 77.4

*H26年4月変更薬価(次回はH28年4月予定)

 

花粉症治療薬でもっとも有名かと思われるアレグラ錠が1日当たり薬価ベースだと143.8円となりますが、オノンカプセルの場合では1日当たり235.2円にもなり、ほぼ倍程度の薬価となります。

 

下記にありますがジェネリック医薬品に変更して初めてアレグラと同程度の薬価となりますので価格は高い薬剤となりますね。

 

 

ジェネリック医薬品(後発医薬品)

 

オノンカプセル、ドライシロップの後発医薬品(ジェネリック医薬品)は多数発売されています。
基本「成分名+メーカー名」という形の名前となります。

 

先発品(オノン)には112.5mgのみとなりますが、ジェネリックは225mgの規格も発売されています。

 

医薬品名(メーカー) 薬価
プランルカストカプセル112.5mg「DK」 33.7
プランルカスト錠225mg「日医工」 60
プランルカストDS10%「TYK」 46.5

*上記以外も多数発売されています。

 

 

市販医薬品

オノンカプセルと同じ成分の市販医薬品は販売されていません。市販されている花粉症の症状を改善する医薬品はアレグラFXアレジオンなどとなります。

 

 

オノンカプセル添付文書

 

最新のオノンカプセルの添付文書については下記リンク先から確認する事が出来ます。

 

>>医療用医薬品の添付文書情報

 

スポンサードリンク