ビラノア錠20mgのすべて

特徴

 

ビラノア錠mgは2016年に発売された第2世代抗ヒスタミン剤となり、眠気が出にくいのが特徴となります。通常花粉症に対して効果のある薬は眠気が出やすいのが一般的である事から、アレグラ錠クラリチン錠デザレックス錠と同様非常に使いやすい薬剤となっています。

 

しかしながらグレープフルーツとの併用で効果がおちる、空腹時服用でないと効果が落ちるなど注意が必要な薬剤でもあるので注意が必要となっています。

スポンサードリンク

ビラノア錠のすべて関連ページ

ゼスラン錠のすべて
ゼスラン錠は第2世代抗ヒスラミン薬に分類されます。そのゼスラン錠の効果効能、眠気などの副作用などについて現役薬剤師が分かり易く解説しています。
セルテクト錠のすべて
セルテクト錠、花粉症の症状改善に効果のある抗ヒスタミン薬になります。効果は高い反面、眠気が比較的出やすい特徴があります。
アレグラ錠のすべて
アレグラ錠は花粉症治療薬であり、現役薬剤師が効果効能、眠気などの副作用などを分かり易く解説しています。アレグラ錠は花粉症以外にも蕁麻疹や皮膚炎等に対しても効果が認められており、ジェネリック医薬品も発売されています。
クラリチン錠のすべて
クラリチン錠は第2世代に分類される抗ヒスタミン薬となります。1日1回で効果が持続するので複数回飲む手間なない薬剤となります。
アレロック錠のすべて
アレロック錠は花粉症の医療用薬、第2世代の抗ヒスタミン薬に分類されます。アレロック錠についての効果、副作用や、子供に対する量、第1世代、第2世代の違いなどについて現役薬剤師が分かり易く解説しています。
アレジオン錠のすべて
アレジオン錠は花粉症の医療用薬であります。このアレジオン錠(10mg、20mg)が分類される抗ヒスタミン薬について第1世代、第2世代の違い、効果、副作用などについて現役薬剤師が分かり易く解説しています。
エバステル錠のすべて
エバステル錠は、第2世代抗ヒスタミン剤に分類され、花粉症の鼻水、鼻づまりに対して効果があります。このエバステル錠の効果、効能、眠気などの副作用、ジェネリックなどについて現役薬剤師がわかりやすく解説します。
ザイザル錠のすべて
ザイザル錠5mgは、花粉症の治療薬として使用される第2世代抗ヒスタミン薬に分類される医療用の医薬品となります。そのザイザル錠の効果、効能、副作用、強さなどについて現役薬剤師がわかりやすく解説しています。
タリオン錠のすべて
タリオン錠は第2世代抗ヒスタミン薬に分類されます。このタリオン錠の効果効能、副作用、眠気の出やすさ、飲み合わせなどについて現役薬剤師が分かり易く解説しています。
ジルテック錠のすべて
ジルテック錠の効果効能、眠気などの副作用、ジェネリック医薬品などについて現役薬剤師がわかりやすく解説しています。
ディレグラ配合錠のすべて
ディレグラ錠は、アレグラの成分であるフェキソフェナジン塩酸塩と塩酸プソイドエフェドリンが配合されています。このディレグラ錠の効果効能、副作用などについて現役薬剤師がわかりやすく説明しています。
デザレックス錠のすべて
デザレックス錠5mgは眠気の出にくい事が特徴の抗アレルギー薬となります。花粉症などに処方されるデザレックス錠5mgの効果、効能、副作用、薬価等について現役薬剤師が説明します。