医療用 花粉症治療内服薬

花粉症の症状緩和に対して使用される内服薬の一覧になります。

 

 

抗ヒスタミン薬

 

ポララミン錠どに代表される第1世代と、アレグラ錠などに代表される第2世代に分離されています。鼻閉(鼻づまり)症状に対しては、第2世代の方が効果が高くなっています。

 

抗ヒスタミン薬一覧

 

 

ケミカルメディエーター遊離抑制薬

 

アレルギー症状の原因である化学伝達物質の遊離を抑制する事で症状を発現しにくくする薬になります。

 

ケミカルメディエーター遊離抑制薬

 

 

ロイコトリエン拮抗薬

 

オノンカプセルに代表されるロイコトリエン拮抗薬になります。即効性はあまり期待できない事が多く、花粉症の症状が発現する2週間程度前から服用をする事で予防効果を期待する薬となります。

 

ロイコトリエン拮抗薬

 

 

トロンボキサンA2阻害薬

 

トロンボキサンA2の合成を抑制する事で効果を発現する薬になります。

 

トロンボキサンA2阻害薬

 

 

TH2サイトカイン阻害薬

 

インターロイキン(IL-4)4とインターロイキン5(IL-5)の産生を抑制し、B細胞からのIgE抗体の産生を抑える事で効果を発現する薬になります。花粉症治療以外にも喘息治療にも使用されます。

 

TH2サイトカイン阻害薬

スポンサードリンク

花粉症 医療用内服薬記事一覧

抗ヒスタミン薬花粉症治療薬で最も一般的な抗ヒスタミン薬に分類される薬剤の一覧になります。第1世代眠気の副作用が出やすく、また口の渇きなどが発現しやすくなっています。ポララミン錠ペリアクチン錠第2世代抗アレルギー薬と言われるのが第2世代の抗ヒスタミン薬になります。第1世代よりも眠気の副作用が出にくく、予防効果につながるケミカルメディエーター遊離抑制作用を持っています。ゼスラン錠セルテクト錠ザジテンカ...

ケミカルメディエーター遊離抑制薬花粉症治療薬の中で、ケミカルメディエーター遊離抑制薬に分類される薬剤の一覧になります。ヒスタミン受容体に結合する事はないので眠気の副作用が出る可能性はかなり低くなっています。ただし即効性は基本的に期待できないので、症状が出る2週間ほど前から服用を開始する必要があります。リザベンカプセルアレギサール錠 / ペミラストン錠また、鼻閉症状に対しても効果があり、鼻がつまる症...

ロイコトリエン拮抗薬花粉症治療薬で最も一般的な抗ヒスタミン薬に分類される薬剤の一覧になります。このロイコトリエン拮抗薬はケミカルメディエター遊離抑制薬と同様に、即効性は期待できなく症状が発現する2週間程度前ぐらいから服用を開始する必要がありますので注意が必要です。オノンカプセルジングレア錠 / キプレス錠また、鼻閉症状に対しても効果が高く、鼻がつまる症状がひどい方にもよく処方されます。他にロイコト...

トロンボキサンA2阻害薬このトロンボキサンA2阻害薬はケミカルメディエター遊離抑制薬、ロコトリエン拮抗薬と同様に、というよりさらに即効性は期待できなく効果がしっかりと出てくるまでに一か月ほどかかるので、症状が出ているだいぶ前より服用を開始する必要があります。バイナス錠また、鼻閉症状に対しても効果が高く、鼻がつまる症状がひどい方にもよく処方されます。他にトロンボキサンA2阻害薬に分類される薬剤としブ...

TH2サイトカイン阻害薬TH2サイトカイン阻害薬も他のケミカルメディエーター遊離抑制薬などと同様に効果の発現まで2週間程度かかるので、症状が出てくる前からしっかりと服用を開始する必要があります。アイピーディカプセルまた、鼻閉症状に対しても効果があり、鼻がつまる症状がひどい方にもよく処方されます。