秋の花粉症

秋は「キク科」の植物の花粉が飛散する時期。
春のスギ・ヒノキ、夏のイネ科植物と同じように、秋はキク科の植物が花粉症の原因となります。

 

秋になって気温が下がり、風邪をひきやすくなるため、花粉症と風邪の区別がつかないこともあります。

 

また、秋は乾燥する季節です。花粉が飛散しやすくなってしまうため、注意が必要ですね。

 

 

風邪の症状の1つとして発現する鼻水と花粉症による鼻水との簡単な区別方法とは?

 

花粉症による鼻水は、さらさらした水っぱなであり、風邪による鼻水はさらさらしていない鼻水(例えば、色のついた鼻水等)である事が多くなり、簡単な判別方法の1つとなります。

 

また鼻水以外では花粉症では眼の痒み、のどの違和感などの症状も発現する事が多いです。


 

スポンサードリンク

 

秋の花粉症の原因となるアレルゲン

 

ヨモギ(キク科の植物)
飛散のピーク 8月〜10月
飛散地域 全国
特徴

・日本在来の植物。茎の高さは約1m。
春に若葉を採って草餅の材料にするため、モチグサとも呼ばれる。
・市街地、堤防、空き地、道ばたなど、至るところにみられる。
・繁殖力が非常に強い。

アレルギー症状 スギ・ヒノキ花粉症と同じような鼻の症状、目の症状に加え、皮膚のかゆみなど全身症状。

 

ブタクサ(キク科の植物)
飛散のピーク 8月〜10月
飛散地域 全国
特徴

・秋の花粉症の代表。
・欧州やアメリカでは最も重要な花粉症の原因植物。
・道ばた、荒れ地、畑の周辺などに生える雑草で、全国的に広く分布している。

アレルギー症状 スギ・ヒノキ花粉症と同じような鼻の症状、目の症状に加え、皮膚のかゆみなど全身症状。

 

オオブタクサ(キク科の植物)
飛散のピーク 8月〜10月
飛散地域 全国(北海道を除く)
特徴

・葉の形がクワの葉に似ているため、クワモドキとも呼ばれる。
花粉の産生量はブタクサより多い。
・茎の高さは約1〜3m。
・市街地、空き地、また河川敷など水辺に好んで群生する。

アレルギー症状 スギ・ヒノキ花粉症と同じような鼻の症状、目の症状に加え、皮膚のかゆみなど全身症状。

 

カナムグラ(クワ科の植物)
飛散のピーク 9月〜10月
飛散地域 全国
特徴

・ビールの苦味付けに用いるホップと近縁の植物。
茎はつる状で長くのび、茎や葉柄にある小さな無数のトゲで周りのものにからみついて生息している。
・道ばた、荒れ地、畑の周辺などに生息。

アレルギー症状 スギ・ヒノキ花粉症と同じような鼻の症状、目の症状に加え、皮膚のかゆみなど全身症状。

 

秋の花粉症対策

 

秋の花粉症対策

秋は、主にブタクサやヨモギなどのキク科植物の花粉が飛散する季節です。

 

これらの植物は繁殖力が強く、しかも、私たちのまわりの至る所に生息しているため、なかなか避けることができません。

 

夏の高温多湿な気候から、気温や湿度が下がり、秋は気候の変化で体調を崩しやすくなる時期でもあります。(湿度の低下により、ドライアイや目の痒み、アトピー性皮膚炎が悪化することも!)

 

特に、もともと喘息などのアレルギーをお持ちの方は、秋は喘息の発作が出やすくなるため、健康管理に非常に気をつかいますし、風邪と花粉症との区別がつきにくかったり、いろんな症状が重なって非常に辛い状態になってしまうこともあります。

 

予防法としては、マスクなどで花粉を吸いこまないようにするのはもちろん、睡眠や栄養をしっかり摂って、体力や免疫力を低下させないことが大事です。

 

加湿器で室内を適切な湿度に保ち、うがいや手洗いで風邪予防と花粉症予防の両方に力を入れましょう。

スポンサードリンク